読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめた

アニメ、漫画、映画、音楽など旬の情報をまとめてます。

MENU

映画「うつろいの標本箱」感想まとめ。ストーリーの中に監督のあたたかさが伝わってくる良作!などの声。

f:id:mato-meta:20161109131935j:plain

映画「うつろいの標本箱」の感想まとめ。
劇場公開日:2016年10月29日
上映時間:95分

 

映画「うつろいの標本箱」概要

大学の卒業制作で手がけた「くじらのまち」がPFFアワードなどで高い評価を受け、15年にはPFFスカラシップで製作した「過ぐる日のやまねこ」が公開された新鋭・鶴岡慧子監督が、シンガーソングライター・黒木渚のアルバム「標本箱」をモチーフにメガホンを取ったヒューマンドラマ。
黒木の歌詞で描かれる女性の強さや揺れる思いを登場人物の6人の女性に託し、些細な日常の中で生まれる女性たちと9人の男性のすれ違いや出会いを、ある1日の物語として描いていく。
主人公の大学生役を、16年7月にアイドルグループ「ゆるめるモ!」を卒業した櫻木百が務める。 http://eiga.com/movie/85270/

キャスト

  • 櫻木百・・・山田イツキ
  • 小川ゲン・・・小野田悠一
  • 赤染萌・・・久瀬嘉朗
  • 小出浩祐・・・大沢直幸
  • 橋本致里・・・落合みその
  • 佐藤岳人・・・藤田孝生
  • illy・・・西沢淳子
  • 佐藤開・・・坂本真希
  • 岡明子・・・坂本亜梨沙
  • 伊藤公一・・・伊部竜平
  • 大森勇一・・・吉永泰輔
  • 森田祐吏・・・中島友郎
  • 小久保由梨・・・市川サナエ
  • 今村雪乃・・・岡田日奈子
  • 渡辺拓真・・・松島鉄也

スタッフ

監督:鶴岡慧子
脚本:鶴岡慧子
プロデューサー:伊達浩太朗
劇中歌:黒木渚
エンディングテーマ:黒木渚

予告

観た人の感想

鶴岡監督のあたたかい眼差しを、確かに今作にも感じた

やはり監督って人間力だなぁ…と

映画内のもねちゃんも可愛かったし、イツキという役を見事に演じていたと思った

知らないところで色んな時間が流れてるだなぁ…しみじみ

人生の大切な一瞬が切り取られた微笑ましい作品

女性の監督なんですけど、男心がよく描かれている作品だと感じました。

イツキと亜梨沙の会話シーンはいちばんほのぼの

時系列が飛んでも見ていてすっと理解できるし、設定もかっちりしていてすごい

劇中のillyさんの歌声に胸撃たれたり、素晴らしい作品です