読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめた

アニメ、漫画、映画、音楽など旬の情報をまとめてます。

MENU

「92歳のパリジェンヌ」感想まとめ。途中からずっと泣いてた、母をもっと大切にしたくなった、深く、素晴らしい映画だ!などの声多数。

映画 92歳のパリジェンヌ フランス映画

f:id:mato-meta:20161109165300j:plain

映画「92歳のパリジェンヌ」感想まとめ。 映画「92歳のパリジェンヌ」の感想まとめ。
劇場公開日:2016年10月29日
上映時間:106分

 

映画「92歳のパリジェンヌ」概要

リオネル・ジョスパン元フランス首相の母の人生を、娘で作家のノエル・シャトレが綴った小説「最期の教え」を原案に、自分の美学を貫き、人生を終える決意をした1人の女性とその家族の姿を描く。

娘役を「仕立て屋の恋」のサンドリーヌ・ボネール、マドレーヌ役をマルト・ビラロンガがそれぞれ演じる。

あらすじ

  • かつては助産婦として働き、子どもや孫にも恵まれて、現在は穏やかな老後を過ごしているマドレーヌ。
  • まだまだ元気な彼女だったが、数年前から書き記している「一人でできなくなったことリスト」の項目が増えていることが気がかりだった。
  • そして迎えた92歳の誕生日、マドレーヌは「2カ月後の10月17日に私は逝きます」と宣言し、祝いに集まった家族たちは耳を疑うが、それは周囲に迷惑をかける前に人生に幕を下ろしたいという、マドレーヌの揺らぐことのない強い意志だった。

http://eiga.com/movie/84617/

キャスト

サンドリーヌ・ボネール・・・ディアーヌ
マルト・ビラロンガ・・・マドレーヌ
アントワーヌ・デュレリ・・・ピエール
グレゴール・モンタナ・・・マックス
ジル・コーエン・・・クロヴィス

スタッフ

監督:パスカル・プザドゥー
原作:ノエル・シャトレ
脚本:パスカル・プザドゥー/ロラン・ドゥ・バルティーヤ

予告

観た人の感想

事実に基づく話だけに、正解の無い問いに直面した時の人間模様にリアリティを感じた

自己責任を何処まで押し通せるかは自分の軌跡にかかってる

予告映像はもう少しコメディ寄りかと思ってたけど割とガチだった

もう少し人生を歩んでからもう一度観てみよう

泣いて泣いて泣いたらすっとした

自分ならば、とたぶん、皆、考えながら見たのでは

女はいつでも男と別れられなければならない!

自問自答の映画だった

確かにこれは一人の女性の戦いの記録でもあった

誰かと交わす何気ない言葉が大切に思える映画だった。

とりあえず映画終わって母の声が聞きたくなり電話してしまった

母の決断を受け入れて、明るく過ごす母娘の姿に感激した。

母が映画と同じことを言ったら私はどうするだろう

ママが笑う度に泣いた。

人が死を選ぶ理由は自分が考えてきたよりも多様なのかと

良い人生だったと思えて死ねたら幸せじゃないか

震えて泣いていらっしゃった方も。これから何度も思い出して考え続けていくことになるであろう映画でした。