読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめた

アニメ、漫画、映画、音楽など旬の情報をまとめてます。

MENU

イム・シワン「戦場のメロディ」感想まとめ。ラストまで泣きっぱなし。タオルの準備を。

韓国映画 映画 イム・シワン 戦場のメロディ

f:id:mato-meta:20161108162951j:plain

映画「戦場のメロディ」の感想まとめ。
朝鮮戦争が激化していた1952年を舞台に、「児童合唱団」の指導に励む青年少尉と子供たちの絆が描かれる実話をもとに描いたヒューマンドラマです。

 

映画「戦場のメロディ」概要

韓国の男性アイドルグループ「ZE:A」のイム・シワン主演で、朝鮮戦争で全てを失った子どもたちによる「児童合唱団」の歌声が人々の心を癒していく姿を、実話をもとに描いたヒューマンドラマ。

あらすじ

  • 朝鮮戦争真っただ中の1952年、家族も戦友も失い失意のどん底にいたハン・サンヨル少尉は、最前線から釜山に転属となる。
  • そこで彼は、両親を亡くした戦災孤児たちの世話という任務に就く。
  • 音楽が得意なサンヨルは、子どもたちを集めて合唱団を作り、歌を教えることを思い付き、最初はぎこちなかった子どもたちも、次第に笑顔になっていく。
  • そんな合唱団が、死と隣り合わせの最前線で戦地で慰問公演を行うこととなり……。

キャスト

イム・シワン・・・ハン・サンヨル
コ・アソン・・・パク・ジュミ
イ・ヒジュン・・・カルゴリ
チョン・ジュンウォン・・・オ・ドング

スタッフ

監督:イ・ハン
製作:キム・ウテク
脚本:イ・ウンジョン

予告

「戦場のメロディ」を観た人の感想

兵役もない日本人には想像できないものを抱えている彼の国。切ない。

合唱をやっている人にはぜひおすすめ

映画中ずっと泣きっぱなし

キツイ殺し合いが子供達の可愛らしさで中和され、大変にいい塩梅で見れた

ラストまで泣きっぱなし

憎いだけではない悲しい存在感のカギの手の男もよかった

村民同士で殺し合う朝鮮戦争の悲惨さ。

歌を聞いただけでも 色んな場面を思い出しちゃう

描写はさすが韓国映画だなぁという感じ

イム・シワンの演技に注目

妹とピアノ弾いてるシーンのロン毛シワン好きだな

シワン君のとっても優しい笑顔、子供達の笑顔がいつまでも続いて欲しかった

指揮の場面もカッコ良かった

シワンの見所がたっぷり

いろんなシワンくんを楽しめました

シワンの演技がすばらしい

シワンに会いたい気持ちが倍増です

ミセン -未生- DVD-BOX1
by カエレバ