まとめた

アニメ、漫画、映画、音楽など旬の情報をまとめてます。

MENU

ゴホッ...風邪かな?と思った時の独自の治療法

食べ物や飲み物での治療法

市販の風邪薬は飲まない

[ むー | 女性 | 40代後半 ]

風邪かな?と思ったときは、たいてい、最初に、喉が少し痛く感じます。 だから、無駄にしゃべらなくなり、のど飴をなめたり、こまめにうがいをしいたり、マスクをします。 とにかく体を温めたいので、紅茶にショウガを入れて、飲んだり、日本酒(熱燗)を少し、飲んだりします。 市販の風邪薬は飲まないで、どうにか、自力で、初期段階で、風邪を治したいタイプです。

ホットジンジャーティーにして飲みます

[ パンプキン | 女性 | 30代後半 ]

私は風邪のひき始めは喉がイガイガする事が多いので、生姜をたっぷりすりおろし、ティーパックの紅茶にすりおろした生姜とハチミツを入れてお湯を注いでホットジンジャーティーにして飲みます。 あとは沢山着込んで寝ると大体次の朝には治っています。

病院に行く

[ ももは白いほうがすき | 女性 | 40代前半 ]

風邪かな?と思った際は、仕事中などの日中だったらしょうが湯を飲みます。 夜だったらお酒を飲む。 これでダメだったら、常備薬の総合感冒薬で。 これが効かない場合は、既に風邪なので病院に行くようにしてます。

熱々のしょうが湯を飲んで、寝ることです

[ リンリン | 女性 | 40代前半 ]

風邪かなと思ったらとりあえず熱々のしょうが湯を飲んで、寝ることです。 一汗かき、十分に睡眠が取れたら大抵は次の日になるとすっきりしたものです。 しかし、最近40代にもなるとなかなかそう簡単にいかなくなりました。 2,3日くらい十分に休めないとひどくなりやすいです。

体を暖めるため生姜を食べます

[ sato | 女性 | 30代後半 ]

風邪を引くと寒気がしてきます。 なので、体を暖めるため生姜を食べます。 食べ方は、魚の煮物にいつもより多目に入れると無理が無く食べられます。 一番大切なのは、体を休めることが重要だと思います。 いつもより早く寝ます。

はちみつを舐めてマスク

[ モカ美 | 女性 | 30代前半 ]

喉が痛くなった時には、はちみつを舐めてマスクをしてから首元をタオルで巻いて寝ると次の日には喉の痛みが無くなっています。 子どもの頃から喉が弱いですが、この方法で薬に頼らずに治してきました。オススメです。

蜂蜜を摂取します

[ あーにゃ | 女性 | 30代前半 ]

私はだいたい喉から風邪をひくので、喉に少しでも違和感を感じたら蜂蜜を摂取します。 蜂蜜が家にあるときはスプーンでそのままひと舐め、外出先等で蜂蜜を舐められない場合は蜂蜜100パーセントキャンディを舐めると、なんとなく喉がまろやかになって殺菌された気がして初期症状は緩和されます。

生姜をたっぷりすったお粥と具だくさんのお味噌汁

[ とっきー | 女性 | 30代後半 ]

甘いものが欲しくなるだろうから、動けるうちにゼリーやジュースを買いに行く。 食事は生姜をたっぷりすったお粥と具だくさんのお味噌汁を作る。 パジャマは沢山着込んで布団に入る。退屈になるのでベッド近くに本を置いておく。

生姜をたっぷり擦ったスープに野菜を入れる

[ たたこ | 女性 | 20代後半 ]

生姜をたっぷり擦ったスープ(コンソメ、鶏ガラ、みそなんでもOK)に野菜を入れて栄養補給してそれを2日くらいかけて食べます。 これで体が温かくなります。汗も出ていいですよ。 あとは足を温める為に足指靴下必須です。 服も2重にきて、汗をかくので両方ともこまめに着替える。 これで大抵よくなります。

うがいをします

[ もんちっち | 女性 | 30代前半 ]

風邪かなと思ったときは、喉に風邪の菌がついてるかもしれないので、うがいをします。 その後生姜湯を入れてゆっくりと飲んだ後、お風呂は避けてベットに向かいます。 眠くなくても夜更かしをせず21時には就寝できるように心がけると翌日には大体良くなっているか、風邪もあまり酷くなりません。

葛根湯飲んで寝る

[ なつ | 女性 | 30代前半 ]

風邪の気配を感じたら、まずは急いでお風呂に熱いお湯をはります。 この時ばかりは体を洗う事は考えず、すぐに肩までどっぷり浸かり体を芯から温める! しばらくして体が温まったら、素早く水分を拭き取り暖かい洋服を着こんで、葛根湯飲んで寝る!風邪の予防は、これに限ります。

湿度を60パーセント近くまで上げて、保つこと

[ かおり | 女性 | 30代後半 ]

うがい薬を使って1時間おきくらいにこまめにうがいします。 そして葛根湯を飲んでタートルネックなどで首を温めた状態でマスクを装着し、9~10時間くらいの長い睡眠をとればかなり症状は改善します。 家の中の湿度を60パーセント近くまで上げて、保つことにも心がけます。

まずカッコントウ(漢方薬)を飲みます

[ arimura | 女性 | 20代後半 ]

風邪と思ったら、まずカッコントウ(漢方薬)を飲みます。 風邪の引き始めによく効くからです。 もし、喉が痛かったらイソジンでうがいを良くして、蜂蜜を舐めて、のどあめも舐めます。 はちみつとのどあめをなめているときは、のどの痛みがびっくりするほど収まります。 そして、タオルを首に巻いて冷やさないように気をつけます。

まず葛根湯、ビタミン剤

[ ゆーすけ | 女性 | 40代前半 ]

風邪かな?と思ったらまず葛根湯、ビタミン剤(できればE、C、B2が入っている物)、そしてリポビタンDを飲みます。 のどの痛みや、乾燥しているなあ、と言う時はうがい薬(コルゲンやガーグル)でうがいをし、のどにネックウォーマーです。 鼻がつまったり、鼻水が気になるときはヴェポラップを胸に塗ったり、ハーブ系の飲み物を飲んだりします。 鼻水が止まらなくてどうにかしたい時はおでこのてっぺんとこめかみの中間辺りを数秒抑えて血流を抑えてやると良いですよ。 とにかく、のど、肩を冷やさない様に気を付けています。

まず栄養ドリンクを飲む

ユゴー | 男性 | 30代後半 ]

自分が行っているのは2つ。まず栄養ドリンクを飲む。 症状が軽ければサウナを利用する。 それらが正しい対処法かはともかく、症状が軽減されたことがあるので、風邪をひき始めた時はそれらを実践しています。

風邪にはカテキンがいい

[ のびたん | 女性 | 50代前半 ]

喉がよく腫れて痛みも出てきた時は、生姜飴をなめたりしています。 普段はコーヒーなどを飲んでますが風邪気味の時は、風邪にはカテキンがいいときいたことがあるので、濃い緑茶を一日に何杯も意識して飲んだりしています。 そして、よく風邪ひいたときに効くツボを指圧をするように押さえたりしています。

すぐに緑茶でうがい

[ パニーニ | 女性 | 30代後半 ]

のどがいがらっぽかったりしたら、すぐに緑茶でうがいをしてから、ハチミツを舐めます。 のどが痛くセキがでてきたら、のどにハチミツがつくようにします。 ねぎのたっぷりと入った味噌汁をのんで、温かいお風呂にさっと浸かって、早めの就寝で体調を整えます。

栄養ドリンクを飲んで長めにお風呂につかります

[ のんち | 女性 | 30代前半 ]

風邪かなと思った時は栄養ドリンクを飲んで長めにお風呂につかります。 そして睡眠時間を長めにとるように心がけています。 そして寝るときは首に必ずネックウォーマーを着用します。 お酒も風邪気味の時は飲まないようにしています。

体温をあげて治す方法

重ね着をして首にタオルを巻き、マスクをする

[ イマメ | 男性 | 20代前半 ]

インナー、アウター問わず重ね着をして首にタオルを巻き、マスクをする。 そしてありったけの布団をかけて早めに就寝する。 体温を上げ、人工的に熱が出た状態を作り出す。これでたいていは持ち直すことができます。

いつもより熱めの温度でお風呂に入ります

[ じろう | 男性 | 30代前半 ]

薬を飲むのが好きじゃない僕は、風邪をひき始めを感じたら、いつもより熱めの温度でお風呂に入ります。 昔はよく、風をひいらたお風呂はダメ、と言われていましたが、40度近い高熱やめまいや下痢をしていない所持症状であれば、お風呂は効果的です。 抵抗力が低下している中、筋肉疲労を和らげてくれたり、血行を良くしたり、清潔な状態で発刊することは抵抗力の向上にもつながります。 あとは湯冷めしないようにあがったら暖かい服装ですぐに寝ることですね。

暖かくして汗をかくようにします

[ 小鉄 | 男性 | 40代後半 ]

とにかく暖かくして汗をかくようにします。 熱で細菌を殺すつもりで、掛布団の2枚掛けで体が動かないくらいにして1、2時間で汗をかいたら着替えます。 38度台の風邪ならこの方法で一晩すれば回復するかな?。 39度を超えたら病院に行きますけど。

じっとして治るのを待つ

[ ぽんぽこ | 男性 | 40代後半 ]

よほど高熱でない限り、20代まではとにかく汗をかいて熱を下げようとした。 昼間なら、外でジョギングしたり、夜なら出来るだけ着込んで汗を出すようにしていた。 今40代になり、今度はあまり動かなくて、じっとして治るのを待つ方法に変わった。

まずは体温をはかります

[ ミンク | 女性 | 40代後半 ]

風邪かな?と思ったらまずは体温をはかります。 やはり、体温計をたよります。 たいしたことがないようなら、何も入っていない白米だけのおかゆを食べます。 その時梅干しだけはたくさん載せてたべます。 あとは熱ーいお風呂に入ってすぐに寝ます。

熱めの湯船にゆっくり浸かる

[ みぃ | 女性 | 50代前半 ]

微熱くらいなら熱めの湯船にゆっくり浸かって体を温めながら、湯船からの蒸気を利用して鼻呼吸をして喉を潤わせています。 お茶でうがいもしています。 首や肩口にバスタオルをかけて暖かくして、マスクをして厚手で緩めの靴下を履いて寝るようにしています。

服を重ね着します

[ gohogoho | 男性 | 50代前半 ]

風邪かな?と思ったら、まず、これでは少し暑いかな?と思うぐらいまで服を重ね着します。 また、うがいを30分おきぐらいに頻繁にします。 うがいは「ごほ!」と成る位のど奥までします。 後は熱めの風呂に入って下着の替えを3枚ほど用意して体の冷えないうちに寝ます。 寝汗をかいたらすぐに下着を替え、寝苦しいですが頑張って寝ます。 朝になればすっきりです。

とにかく寝て治します

[ むー | 女性 | 40代後半 ]

風邪かな?と、一瞬でも思ったら、自宅にいれば、体を清潔にして、温かい食事と温かい飲み物をとり、すぐに布団に入ります。 とにかく寝て治します。 風邪の予感がした時点で、治したいので、何もしません。 風邪薬も飲みません。たくさん寝れば、次の日、治ってることが多いです。

市販の薬等

早めに市販の薬を飲みます

[ fujisanda | 男性 | 50代前半 ]

風邪かと思った段階にもよりますが、しんどくない状態であれば早めに市販の薬を飲みます。 熱っぽい状態ならできるだけ体力をつけるためご飯を多めに食べるようにし、水分をできるだけ多くとり汗等で外に熱を外に出すようにします。 薬を飲んで早めに寝ます。

風邪は挽き始めが大事

[ ムラさん | 男性 | 70代以上 ]

喉が痛くなったり、鼻水が出るようになったら、風邪かなと疑います。 まず手を洗い、顔を洗います。 その後常備薬のうがい薬でよくうがいします。 風邪は挽き始めが大事なので、備え付けの風邪薬を飲みます。 その日はぬるま湯のお風呂に少し長く使って早く寝ます。 これで初期の風邪でしたら大抵よくなります。

身体を冷やさないようにしてよく寝る

[ MAX | 男性 | 20代前半 ]

風邪薬を飲んで、身体を冷やさないようにしてよく寝る。 食事はうどんやおかゆなどの消化の良い物にし、栄養価の高い食べ物、例えば緑黄色野菜やりんごなどの果物を食べ体力を温存するように心がけている。

とにかくいっぱい食べてプロポリスを飲む

[ モリシ | 女性 | 30代前半 ]

とにかくいっぱい食べてプロポリスを飲んで暖かくして寝ます。 プロポリスとは養蜂場でとれる天然の抗生物質ともいわれる栄養素。 サプリメントになって売られている商品です。 薬ではないけど、何というかちょっとした体調不良くらいなら直してしまうパワーがあります。