読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめた

アニメ、漫画、映画、音楽など旬の情報をまとめてます。

MENU

トムハンクス「インフェルノ」感想まとめ。ネタバレなし。テンポ良くて面白かった。相変わらずの予想の裏の裏をいく展開が面白い。など。

映画

f:id:mato-meta:20161108133826j:plain

映画「インフェルノ」の感想まとめ。

 

映画「インフェルノ」概要

  • ダン・ブラウン原作の世界的ヒット作「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続き、トム・ハンクスが三度、ハーバード大学教授の ロバート・ラングドンに扮したシリーズ第3弾。
  • ロン・ハワード監督と主演のハンクスが続投するほか、ラングドンと共に謎を追う女医シエナ役を「博士と彼女のセオリー」のフェリシティ・ジョーンズが演じる。

あらすじ

ハーバード大学の宗教象徴学者ラングドン教授は、数日分の記憶を失った状態で、フィレンツェの病院で目を覚ます。謎の襲撃者に狙われたラングドンは、美しい女医シエナ・ブルックスに助けられて病院を脱出。何者かから追われる身となったラングドンとシエナは、生物学者ゾブリストが人類増加問題の解決策として恐ろしい伝染病を世界に広めようとしていることを知る。そしてゾブリストが詩人ダンテの叙事詩「神曲」の「地獄篇」になぞらえて計画を実行していることに気づき、阻止するべく奔走するが……。

予告

キャスト

  • トム・ハンクス・・・ロバード・ラングドン
  • フェリシティ・ジョーンズ・・・シエナ・ブルックス
  • イルファン・カーン・・・ハリー・シムズ
  • オマール・シー・・・クリストフ・ブシャール
  • ベン・フォスター・・・バートランド・ゾブリスト

スタッフ

監督:ロン・ハワード
製作:ブライアン・グレイザー/ロン・ハワード
製作総指揮:デビッド・ハウスホルター/ダン・ブラウン

ツイッターでの感想

単なる薀蓄だけではなくスリラーとして新たな仕掛け

テンポ良くてなかなか面白かった

美術の勉強したいなって思わされる映画やったな〜

一番気になったのは便利屋の社長?

天使と悪魔が好きだったので鑑賞

最後まで飽きもせずに見れたのは久々

最初からインパクトありすぎ

あっという間でおもしろかった

ロバート・ラングトン教授役のトムハンクス様も素敵でした

やっぱりこのシリーズは映画館で見るに限る

相変わらず予想の裏の裏行く感じがええね