読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめた

アニメ、漫画、映画、音楽など旬の情報をまとめてます。

MENU

晴れ間に三日月の感想をまとめ。本音が言えてよかった、月見と出海懐が深いなどの声

漫画 晴れ間に三日月

f:id:matometa2:20161102152821j:plain

晴れ間に三日月の感想をまとめました。

 

内容紹介

一女どうしの友情──。彼氏がいる、いない。結婚している、していない。子供がいる、いない…。
やっぱり立場が違ってくると難しいのかな?
幼なじみの月見とひなた。14年ぶりに再会したふたりの場合は…?
amazonより

晴れ間に三日月の感想

何事も、うやむやになんかさせない!という漫画でした。

月見と出海、懐深すぎだろう。

この漫画のキモは、そんなに話(人生模様)は単純じゃないって所だな

4話までのひなたさんの言動思い返して本音を想像し続けてた

P90〜98が特に好き。劇的なドラマと日々の暮らしの両方が人生だってことを改めて痛感

本当にこのオチで良かった。

ナイフのような切れ味、という喩えがあるが、この作品は尖っていない。いわば「やさしい切れ味」。

イシデさんの絵も言葉の表現も、大好きです。

ひなたちゃんが本音言えてよかったのかなって感じです。

イシデ氏らしく、「決断の力強さ」を描きだしつつ、キュートさも垣間見せてくれる作品でした。