まとめた

アニメ、漫画、映画、音楽など旬の情報をまとめてます。

MENU

年代別。あなたの人生に影響を与えた1冊を教えて下さい

10代の方が影響を受けた本

石田衣良さん著の「14」です

[ てんじ | 男性 | 10代後半 ]

私の人生を変えた本は石田衣良さん著の「14」です。 自分はこの本を14歳の時に読みました。 自分と同い年ながらなにかを求め日々を生きる思春期の少年たちに自分は衝撃を受けました。 自分の毎日はこんなんでいいのだろうかと思い日々を変えていこうと思いました。

4TEEN (新潮文庫)

20代の方が影響を受けた本

スポーツをしていた高校の時に「心を整える」という本に出会いました。

[ ちゃんぴ | 女性 | 20代前半 ]

私は、小学2年生の時からスポーツをしてきました。 いまは、大学3年生です。高校の時に「心を整える」という本に出会いました。 それまで、技術面ばかりを考えてきていましたが、競技には精神面も大きく影響するということや心構えを学んだ一冊でした。

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 (幻冬舎文庫)

半分の月がのぼる空」というライトノベルです。

[ きりんりき | 男性 | 20代後半 ]

あらすじとしては、病気で入院している少女とたまたま入院した主人公(男)が紡ぐ恋愛ストーリーとベタな内容なのですが、独特な言い回しや巧みな表現法、そしてなにより緊張感のある行間がなんとも心に響く小説なのです。 その圧巻の内容は、もはやライトノベルと侮る事なかれです。 この小説を全巻(途中で泣きすぎて読み進めなくなる時もありましたが)読んだ暁には、今まで持っていた病気に対する気持ちが一変しました。 病気はとてもつらいもので、だからこそ誰かが近くで支え続けてあげるべきなのだと、実感できた力作です。

半分の月がのぼる空

機能不全家族で育った方には参考になる「アダルトチャイルドが人生を変えていく本」

[ りの | 女性 | 20代後半 ]

「アダルトチャイルドが人生を変えていく本」私の父はDVがあり、私は大人になっても生きづらさを感じながら生活していました。 誰よりも自己評価が低い原因などがこの本でわかりました。 原作が外国のもので翻訳なので多少日本の世相と違う面もありますが、機能不全家族で育った方には参考になる本だと思います。

アダルト・チャイルドが人生を変えていく本

文豪夏目漱石作の「坊ちゃん」

[ ティモンディ 前田 | 男性 | 20代前半 ]

私の人生に大きな影響を与えた本は文豪夏目漱石作の「坊ちゃん」です。 この本は漱石自身の体験談に基づいて書かれた小説なのですが、ストーリーが人間の人生そのものを表している点に特徴があります。 主人公は真面目で不器用で無鉄砲。 嘘はつかない人間なのですが、結局世の中は嘘つきで物腰の柔らかい人間の方が得をすると最終的なメッセージに込められています。 「坊ちゃん」は、自分に素直でいる価値、また時として生きていくためには嘘も必要だとユーモラスを含めて教えてくれた一冊です。

夏目漱石作 坊ちゃん

30代の方が影響を受けた本

マンガ『はだしのゲン』です。

[ さやか | 女性 | 30代後半 ]

小学生の頃、学校の図書館で読み、戦争、原爆の悲惨さを初めて知ったのはこの本からでした。 やけどの皮膚が垂れ下がった状態で逃げ惑う人々の様子などが衝撃的でした。 ゲンの母親が自力で出産した場面は、読んでから25年経った今でも思い出すことができます。

はだしのゲン

孤独のグルメに影響されました。

[ 呑み助 | 男性 | 30代後半 ]

テレビで放映される前にマンガを読んだことがあり、食事の描写がとてもリアルに表現されていた為、その後の食事の一食ごとにドラマを感じるようになりました。 いつも外食では作ってくれる人の背景を考えるようになりました。

孤独のグルメ

『河童が覗いたヨーロッパ』風土や文化は人柄に影響することを知りました。

[ パニーニ | 女性 | 30代後半 ]

私の人生に影響を与えた一冊は、妹尾 河童さん著書の『河童が覗いたヨーロッパ』です。 所変われば品変わる。 生活環境や風土の違いがいろいろな箇所に現れ、それを発見できる一冊です。 モノの形には意味がある。風土や文化は人柄に影響することを知りました。

河童が覗いたヨーロッパ (新潮文庫)

「これからの思考の教科書」という社会の現場に必要な考え方を学べる本です。

[ ぎん | 男性 | 30代前半 ]

社会人になって自分の未熟さを思い知った本があります。 酒井穣作の「これからの思考の教科書」という社会の現場に必要な考え方を学べる本です。 この本を読むまでは、自分の意見や行動は、感情的で上辺だけのものであったため当然、同僚や上司から共感を得られたり、評価されることはありませんでした。 しかし、この本を読んでからは、事実に基づいた根拠や理由を考えるようになり上司から、非常に理解しやすく説得力のある説明だね、といわれるほどになりました。 考え方ひとつでこうも違うものかと成長を実感できました。

新版 これからの思考の教科書 論理・直感・統合 ビジネスに生かす3つの考え方 (光文社 知恵の森文庫)

心理学者、アルフレッド・アドラーの心理学講義です。

[ ばざむん | 男性 | 30代後半 ]

この人の考えかたは殆どの部分で私と同じです。 自分の発想、乃至は生き方は理に適っており、身勝手で独善的なものではないのだと確信が持てるようになった記憶に残る一冊です。

個人心理学講義―生きることの科学 (アドラー・セレクション)

社会人であった私が仕事と向き合うことの意味に悩んでいたときに出会った一冊

[ さるるさん | 女性 | 30代後半 ]

戸田智弘著『働く理由ー99の名言に学ぶ仕事論』2007年7月、株式会社更徳社。 左記の本が私の人生に影響を与えた1冊です。 当時社会人であった私が仕事と向き合うことの意味に悩んでいたときに、この一冊と出会いました。 内容は織田信長から現在活躍されている有名人の名言が掲載されています。 自分が悩んでいることの答えが書いてあると思いますので、仕事に悩まれているかたにはお勧めの一冊です。

働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。

マネー本はたくさん読みましたが、この本以上に感銘を受けた本はありません

[ うめっこ | 女性 | 30代後半 ]

色々な本を読んでいますが、私がお金を運用するということ、お金に働いてもらうということを知ったきっかけになったのが「金持ち父さん、貧乏父さん」です。 それまで投資=ギャンブルのイメージがありましたが、これで180度考え方が変わったように感じます。 他にもマネー本はたくさん読みましたが、この本以上に感銘を受けた本はありません。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

外で読んだのですが溢れる涙を止められませんでした。

[ みるくら | 女性 | 30代前半 ]

私の人生に影響を与えた一冊は昔の恋人から勧められた重松清さんの『その日の前に』です。 生と死について深く考えさせられました。 愛する人の死についてかかれています。 外で読んだのですが溢れる涙を止められませんでした。

その日のまえに (文春文庫)

初めて読んだ漱石の作品でした

[ さおり | 女性 | 30代後半 ]

夏目漱石の『こころ』です。高校生の頃、国語の教科書に載っていて、初めて読んだ漱石の作品でした。 一言ではとても語れませんが、これ以上ない衝撃を受けました。 どんな人間の中にもある利己性にするどく切り込んでおり、「人間とは?」という答えの出ない問いに深く思いをはせるきっかけとなった作品です。

夏目漱石 こころ

江原啓之さんの「傷つくあなたへ」という本です

[ ゆり | 女性 | 30代前半 ]

私の好きな本は、江原啓之さんの「傷つくあなたへ」という本です。 人から裏切られたり、悪口を言われて傷ついた時などに読みました。 最近は、ネットで匿名の中傷などの問題もありますが、この本を読むとそれだけ人間は病んでいるのだなと感じます。 幸せな人は人に意地悪なことをしないと書いてあります。

傷つくあなたへ

「自分のまわりにいっぱいいいことが起こる本」です

[ たみきら | 女性 | 30代前半 ]

「魂カウンセラー」として活躍をされている原田真裕美さんの「自分のまわりにいっぱいいいことが起こる本」です。 悩みに悩んでいたころにたまたま図書館で見つけた本です。 自分自身の悩みと向き合い、そして立ち直っていく力となりました。 いまでも何かに悩み立ち止るとき、この本を読んで前に進んでいこうとする原動力となります。

自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本

沢木耕太郎深夜特急です

[ ばおばぶ | 男性 | 30代後半 ]

私の人生に影響を与えた一冊は沢木耕太郎深夜特急です。 読んだ頃は、ちょうどテレビ番組でもヒッチハイクで世界を回る企画をやっていたような時代でした。 すっかり影響されて、世界とは行きませんでしたが汽車とヒッチハイクで北海道から四国まで旅行しました。

深夜特急

島本理生さんの『ナラタージュ』です

[ さおり | 女性 | 30代後半 ]

恋愛小説の中でもっとも強い影響をうけたのは、島本理生さんの『ナラタージュ』です。 主人公が恋愛の泥沼にはまっていく様を、これほどの息を飲む表現力で描かれた作品には出会ったことがありません。 読み終えた後、しばらく放心してしまいました。

ナラタージュ (角川文庫)

高校生の時に読んだ夏目漱石の『こころ』は私の心に大きな影響を与えました

[ こじらら | 女性 | 30代前半 ]

人を愛するという感情は決して美しいだけのものではないこと。 人を裏切って手に入れた幸せはすぐに崩れ去ってしまうこと。 人の心の弱さや醜さを思い知らされた本です。 そして作中に書かれている「精神的に向上心のないものはばかだ。」という台詞が心に残っており、時に自分を奮い立たせてくれます。

夏目漱石 こころ

"中学生のときに読んだ「命の使い方」という本が印象的でした。

[ 語り草 | 男性 | 30代前半 ]

図書館で借りて読んだものなので 内容は、ハッキリ覚えていないのですが 著者の方の体験談を語ったものでした。 今振り返るとありがちな内容ですが 自分の思いを 内に秘めたままにせず 目の前のやりたいことを精一杯頑張りなさい というものだったと思います。 中学のとき 周りの人たちと上手く噛み合わず 不登校になってしまったので この本を読んで もっと自分に正直に生きてみたいと 強く思うようになりました。

命の使い方

銀色夏生氏の「つれづれ日記」です。

[ amo | 女性 | 30代後半 ]

日々の事を作者目線で面白く書かれています。 暗く落ち込みそうな出来事、悩んでしまいそうなことも面白い視点で捉え、面白おかしく、時には真剣に解決していきます。 自分が悩んでいるときに、こんな考え方もあるし、みんな悩んでいるんだと、心が救われることが多々あります。 また、日常の食事なんかについても詳しく書かれていて同じメニューを作ってみようかななど、日々の家事も楽しく取り組むことが出来たりします。 読むだけで、なんとなく元気が出たりやる気が出たりする本です。 昔から連続して出されている本なので、これからも読み続けたいと思います。

つれづれ日記

40代の方が影響を受けた本

サッカー漫画「キャプテン翼」を挙げます。

[ kz | 男性 | 40代後半 ]

「ボールは友だち」なのに足蹴にする、なんてことはちっとも疑問にも思わず、野球少年からサッカー少年に移行したのを覚えています。 今でも読み返しては純粋だった?あの頃を思い出したりします。

キャプテン翼

北斗の拳」を挙げます。

[ kz | 男性 | 40代後半 ]

「お前はもう死んでいる」のフレーズで有名ですが、ラオウ・トキ・ジャギ・ケンシロウの兄弟の争い、女性を巡る争いの中で、(暴)力の裏に隠された優しさを知り、男たるものかくあるべき、とする姿を形成することができた作品です。

北斗の拳

ドカベン」の世界にはまった

[ kz | 男性 | 40代後半 ]

野球は上手ではありませんでしたが「ドカベン」の世界に夢中になりました。 漫画を通じてルールを勉強したようなところもあります。 バッテリーの呼吸、打者とのかけひき、心理戦など、現在のTV観戦時の礎を作ったといっても過言ではないかと思います。

ドカベン

聖書です。家族生活に役立つ言葉や対人関係などにも役立ちます。

[ KAWAMO | 男性 | 40代後半 ]

私の人生に大きな影響を与えている本は、聖書です。 一般に宗教的なことが収められていると考えられていますが、それのみならず、家族生活に役立つ言葉や対人関係を良好なものに保つのに助けとなる実際的な知恵の言葉、ストレスに対処するのに役立つ考えなどが収められていて、とても助かっています。

聖書

和辻哲郎の「風土」この本でそうした分野を扱う大学に進むことになりました。

[ にしこ | 女性 | 40代後半 ]

"私の人生に影響を与えた一冊は和辻哲郎の「風土」です。 この本を高校生の時に読んで、世界の民族のそれぞれの性格が彼らの住む土地の風土によって影響されて形作られるという説を知り、そうした分野を扱う大学に進むことになりました。 その大学では数々の貴重な出会いや学びがあって、現在の私の基礎になっています。

風土―人間学的考察 (岩波文庫)

50代の方が影響を受けた本

「知価革命」―工業社会が終わる 知価社会が始まる。

[ toCtoC | 男性 | 50代前半 ]

著者:堺屋太一 「知価革命」―工業社会が終わる 知価社会が始まる。 偏差値教育の中で育った私には信じられない考えであり、もしかしたら一流大学にいけなくても人生に何か変化が起こせると感じさせた一冊です。

知価革命―工業社会が終わる 知価社会が始まる (PHP文庫)

「スプーン一杯の幸せ」です。恋をする前にこの本に出会って、本当によかった

[ ななこ | 女性 | 50代後半 ]

私の人生に影響を与えた1冊は、落合恵子さんの「スプーン一杯の幸せ」です。 これを多感な中学生の時に愛読書にしていました。 ポエムやイラストが入っていてメルヘンチックな作りの本でしたが、 その内容は、男と女は対等であるからこそ、大人の恋愛ができるという事。 当時若かった著者の落合恵子さんからそれを教わり、その後私の軸となりました。 まだ恋をする前にこの本に出会って、本当によかったと思っています。

スプーン一杯の幸せ

銀色夏生の詩集「黄昏国」です

[ ongaeshi | 男性 | 50代前半 ]

影響を受けたのは、銀色夏生の「黄昏国」です。 銀色夏生さんの詩集は、どの作品も好きです。 黄昏国は、銀色夏生さんの本の中で最初に手に取った本です。 それまでに、自分でも詩を書いていたのですが、銀色夏生さんの文体に触れて、自由になれました。 何か、ものすごい武器を手に入れたような気分でした。 今でも、あの感性を大切にしています。

増補新版 黄昏国

60代の方が影響を受けた本

三浦綾子著『愛すること信ずること』です

[ 元気者 | 男性 | 60代前半 ]

結婚して以来、これまでに何度も読んでいる本が三浦綾子著『愛すること信ずること』です。 不完全な家で育った未熟なた男女が結婚して、同じ屋根の下で暮らしお互いに助け合って生きることの大切さを学びました。 著者自信もキリスト教徒で信仰を持ちながらも不完全な為に努力して家庭を築き上げる。 そんな著者の気迫溢れる言葉に大いに影響を受けました。

愛すること信ずること (講談社文庫)