読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめた

アニメ、漫画、映画、音楽など旬の情報をまとめてます。

MENU

ウィル・スミス「コンカッション」感想まとめ。ウィル・スミスの演技が素晴らしい!NFL、アメリカの闇を暴いた良作、との声多数。

f:id:mato-meta:20161109153106j:plain

映画「コンカッション」の感想まとめ。
劇場公開日:2016年10月29日
上映時間:122分

 

映画「コンカッション」概要

ウィル・スミスが引退したアメリカンフットボール選手の死とアメフトの因果関係を発見する実在の医師を演じ、第73回ゴールデングローブ賞で最優秀主演男優賞(ドラマ部門)にノミネートされた作品。

ウィル・スミスが主人公オマル医師を演じ、アレック・ボールドウィン、アルバート・ブルックスらが脇を固める。

監督は「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」のピーター・ランデスマン。「オデッセイ」「ブレードランナー」のリドリー・スコットが製作。

あらすじ

  • ナイジェリアからやってきた医師ベネット・オマルは、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)を引退し、心筋梗塞で亡くなったマイク・ウェブスターの変死解剖に携わる。
  • オマルはプレイ中の頭部への激しいタックルが原因である脳の病気「CTE(慢性外傷性脳症)」を発見し、論文を発表するが、NFLサイドはオマルの見解を全面否定。権力を使い、オマルと彼の周囲に圧力をかけていく。

http://eiga.com/movie/83790/

キャスト

  • ウィル・スミス・・・Dr.ベネット・オマル
  • アレック・ボールドウィン・・・Dr.バイレス
  • ググ・バサ=ロー・・・プレマ・ムティソ
  • アーリス・ハワード
  • ポール・ライザー・・・Dr.エリオット

スタッフ

監督:ピーター・ランデズマン
製作:リドリー・スコット/ジャンニーナ・スコット/デビッド・ウォルソフ/ラリー・シューマン

予告

観た人の感想

もう、スポーツの衝突シーンが殺人行為にしか見えないよ…。

これを観るまではNFLでこんな問題があったとは知らなかった

淡々とした派手さのない作品だけれど大事な事は何かをひしひしと感じさせてくれる

今も昔も真実を追い求めるのは人類のテーマ

最後が大団円で終わらないのは問題が現在進行形だからなんだろうか

意外と最近の出来事ってのが怖い

あの主人公の造形が趣深いんだよな。

新しい話だし影響はまだまだありそう

正義や情ではなく科学〈サイエンス〉を唱えていくのに好感を持てた

知れたことが大事

ウィル・スミスの演技が素晴らしい!

力強く、繊細なウィルのパワー

アクション映画とは一線を画す、GG賞ノミネートのウィルスミスの抑えた演技が素晴らしい

オスカーにノミネート歴のある三人が一同に介する場面の迫力は凄まじいです

ナイジェリア人医師を演じるウィル・スミスもスゲー良かった

外国出身者らしい英語を話す演技は見事。

アメリカの真摯さを体現するウィル・スミスが素晴らしい

キャストも豪華

こんなに面白い映画なのになぜ上映館が少ないのか!という不満も。

この公開規模に「なんか圧力あったの?」と思うような素晴らしい映画だったんだけど