読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめた

アニメ、漫画、映画、音楽など旬の情報をまとめてます。

MENU

映画『ある戦争』感想まとめ。色々と考えさせられる、感情に問いかけられる等の意見が

f:id:matometa2:20161019162247j:plain

「正義の決断が、許されない罪を生んだ。」
戦場と法廷を舞台に正義と命の尊さを問う心揺さぶるヒューマンドラマ。映画『ある戦争』が10月8日より公開されました。

 

内容紹介

タリバン圧政下のアフガニスタンで平和維持活動にあたるデンマーク軍の兵士たちを描き、第88回アカデミー外国語映画賞にノミネートされた戦争ドラマ。

母国デンマークに妻子を残し、150人の兵士を率いてアフガニスタンに派遣されたペダーソンだったが、ある日、任務中に部下が地雷を踏んで命を落としてしまう。

さらにその数日後、地方の村を訪れた彼らは、敵の急襲を受けて航空支援を要請するが、その支援攻撃によって複数の民間人が犠牲となる。ペダーソンは責任を問われ、軍法会議にかけられるが……。

映画.com様より

 

 

予告編映像

公式サイト

http://www.transformer.co.jp/m/arusensou/

キャスト

  • 監督:トビアス・リンホルム
  • ピルウ・アスベック
  • ツバ・ノボトニー
  • ソーレン・マリン
  • ダール・サリム

『ある戦争』観た人の感想

教科書に判例として載りそうな事件で色々と考えさせられる。

自衛隊が派兵されることになったらと思うと怖ろしい。

この映画がどれだけリアルなものなのか、描かれない市民側の現実を学べ、本当に感謝

もう他人事ではないはず。

前半を最前線を描いた戦争パートにして後半を法廷サスペンスパートに分けた構成は互いの印象を際立たせている。

感情に問いかけられた映画でした。

あの戦争は、正義の戦争だったのでしょうか?

なぜあの時クラウスは家族を帰したのか。

国境から遠く離れた現代の戦場をこんなに身近に感じたことなかった...

情報をふるいにかけられて残ったニュースからは知ることのない現実、別の側面が、この作品の中にはちゃんとある

by カエレバ