読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめた

アニメ、漫画、映画、音楽など旬の情報をまとめてます。

MENU

映画「手紙は憶えている」感想まとめ。ネタバレ後でももう1度見たい。ラストのびっくり度が凄い。などの反響多数。

映画

f:id:mato-meta:20161108122610j:plain

映画「手紙は憶えている」の感想まとめ。

 

映画「手紙は憶えている」概要

ある1通の手紙をきっかけに、家族を殺したナチスへの復讐の旅に出る男の姿を、アトム・エゴヤン監督が描いたサスペンス作品。 「人生はビギナーズ」で史上最高齢のアカデミー助演男優賞に輝いたクリストファー・プラマーが主人公ゼブを演じ、マーティン・ランドー、ブルーノ・ガンツらベテラン俳優陣が顔を揃える。

あらすじ

最愛の妻の死も覚えていられないほど、もの忘れがひどくなった90歳のゼブ。ある日、ゼブは友人のマックスから1通の手紙を託される。2人はナチスの兵士に大切な家族を殺された、アウシュビッツ収容所の生存者だった。手紙にはナチスの兵士に関する情報が記されていた。兵士の名前はルディ・コランダー。身分を偽り、今も生きているという。容疑者は4人にまで絞り込まれていた。体が不自由なマックスの思いも背負い、ゼブは復讐を決意し、1通の手紙とおぼろげな記憶だけを頼りに単身旅に出る。

予告

キャスト

  • クリストファー・プラマー・・・ゼブ・グットマン
  • マーティン・ランドー・・・マックス・ザッカー
  • ヘンリー・ツェニー・・・チャールズ・グットマン
  • ディーン・ノリス・・・ジョン・コランダー
  • ブルーノ・ガンツ・・・ルディ・コランダー

スタッフ

監督:アトム・エゴヤン
製作:ロバート・ラントス
脚本:ベンジャミン・オーガスト アリ・ラントス

ツイッターでの感想

楽しい、つらいなんていう言葉では語りきれない物語でした

人間て自分をも偽れる生き物なんだよ

高齢化もあり人間ドラマやサスペンスで今後も増えそうな題材

症状として記憶が目覚める度に消えていたりまた戻ったりという展開が物語を面白くさせている

もう1度みたい

最後にはとにかく観る人を楽しませたいという意図しか残らないと感じる

ネタばれ後でも、もう一度観たくなる

上質なエンタメサスペンスなのに見終わってみるとちゃんと戦争映画なの凄い

息を呑む傑作。思わず映画である事を忘れていた。

どんな年の人でも楽しめるいい映画

確かにラストのビックリ度がすごい

これはまさに今作らないとダメな映画

ボケ老人と、事情を知らない他者との対話が一々ヒリヒリ来て最高

これは凄まじい復讐劇…!

結末は半分は予想できたものの、衝撃よりもやるせない哀しさが込み上げてきた。

見終わって思い返すとあれもこれもそういう意味だったのかと

オチよりも解き明かされる過程にゾクゾクする映画である

ものすごい体験しちまった感がありました

切なくて圧倒されるラストだけど、観てよかった